緩和ケアの看護実践

HOME > 緩和ケアの看護実践
(1) 緩和ケア

WHOは、緩和ケアを以下のように定義しています。

「緩和ケアとは、生命にかかわる疾病に直面している患者と家族の痛みや、
その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を予防・評価・対応することによって
QOLを向上させるアプローチである」

① 要件

・痛みやその他の苦痛な症状を緩和します。
・生を肯定し、死の過程を正常なものと尊重します。
・死を早める事も、遅らせる事もしません。
・患者ケアにおいて心理社会的側面とスピリチュアルな側面を一体化させます。
・患者さんが可能な限り前向きに生活できるような支援体制を提供します。
・患者さんの療養中から死別後まで、家族が対処できるようにします。
・患者さんや家族の必要性に対して、チームで対応します。
・QOLの向上を心がけ、疾病経過に好ましい影響を与えることを目指します。
・治療機関を含め、早期から実践します。

② ギア・チェンジ

治癒や現状維持が困難になると、治療から緩和ケア中心の医療に移行します。
このような移行の時期や方向転換のことを「ギア・チェンジ」といいます。

③ ギア・チェンジで変更すること

疾患の進行や状況変化を受け止め、疾患の進行・状況変化に応じた適切な治療に変えていきます。
適切な治療が効果的に受けられるよう、治療の場を変えます。

④ ギア・チェンジの阻害要因

ギア・チェンジの阻害要因には、患者さん本人の問題や家族の問題、
医療従事者の問題などがあります。

・患者さんの問題

疾患の進行や状況変化が受け入れられない、
治療・ケアの場を変更することの不安が強いなどがあります。

・家族の問題

疾患の進行や状況変化が受け入れられない、
治療やケアの場を変更することの不安が強いなど、
患者さんと同じ問題を抱えながら、それにプラスして、
「死を迎える患者さんとの接し方がわからず、不安が強くなる」などがあります。

・医療従事者の問題

患者さん疾患が治癒しないことに対して敗北感や罪責感を抱いたり、
緩和ケアの方法がわからず、不安が強くなったりします。
また、死を迎える患者さんとの接し方がわからず、不安が強くなるなどもあります。

⑤ 薬物療法による疼痛緩和

・がん性疼痛

体性痛: 疼くような痛みや、差し込む痛みで、
    骨転移などで、疼痛の部位が限局しています。
     
内臓痛: 鋭い痛みや深部が圧迫されるような痛みで、
    疼痛部位が不明確です。

神経因性疼痛: 焼けるような痛み、指すような痛みで、
       疼痛部位が損傷された神経の支配領域に一致しています。

・ WHO 3段階徐痛ラダー(徐痛の指針)

第一段階: 軽度の痛みに対して → 非オピイド・鎮痛補助薬
      ナプロキセン、ジクロフェナック、インドメタシン (炎症を伴う痛みに有効です)

第二段階: 中等度の痛みに対して → 弱オピオイド・非オピオイド・鎮痛補助薬
      ププレノルフィン、リン酸コデイン (鎮痛作用が強力で、作用時間が長いです)

第三段階: 中等度~高度の痛みに対して → 強オピオイド・鎮痛薬・鎮痛補助薬
      モルヒネ、フェンタニル (便秘、嘔吐、呼吸抑制などの副作用に注意が必要です)

(2) 死の看取り

死の看取りとは、人が死を迎える最期のときのケアです。
死の数日前から死まで、最期までその人らしくあることが看取り看護の目標でs。

ケアや最期を迎える場所など、本人の意思を最期まで尊重し、
身体的苦痛をなるべく少なくし、尊厳を持ってその人らしく過ごせるように支援します。
誰かが付き添い、患者さんを一人にせず、
家族にとって悔いが残らないよう、十分にケアできたという達成感が持てるように関わっていきます。
患者さんと家族が最期のときを共に過ごせるように環境を整えます。

(3) グリーフケア

家族や大切な人を亡くした場合に感じる悲嘆(グリーフ)に対するケアのことを「グリーフケア」といいます。
死別後の悲嘆は、4ヶ月から一年間くらい続く人が多く、
患者さんの生前から関わっていくことが大切だとされています。
WHOでは、遺族へのケアを終末期ケアに関わる医療従事者の役割としています。

① ワーゲンによる「哀悼に対する4つの必要な仕事」

ワーゲンによる「哀悼に対する4つの必要な仕事」とは、
・喪失の現実を受容する
・悲嘆の痛みを体験する
・大切な人を失ったという環境に適応する
・情動面のエネルギーを取り戻し、別な人間関係を作っていく
というものです。

② グリーフケアのアプローチ

グリーフケアのアプローチとしては、
・医療従事者は、保護的に接する
・家族が安心して感情を表現できる場を作る
・否認や現実逃避がある場合は見守る
・抑うつ、意欲低下、ひきこもり、希死念慮が強くなった場合は精神科に依頼
・自分の力で生きていけるように援助
などがあります。

FX